家具・漆器、ギフト、木曽の工芸品

 
 
法人・企業のお客様 個人のお客様 中国工場について うるしを知ろう! 龍門堂最新情報

漆器作業工程 (例:木曽変り塗(木曽堆朱))

( 1) 材料集め 山などから切り出した木材を自然乾燥させます。
( 2) 木地加工 木地師により乾燥した材料で造形作りをする。
( 3) 下地塗り お米の粉と生漆(なまうるし)を混ぜて練り、「コクソ」を作り、木のつなぎ目などに塗り詰めてスキ間をなくします。
( 4) 下地塗り 錆土(さびつち)と生漆を混ぜて下地漆を作り、丁寧にしっかりと塗ります。漆器作りにはこの下地塗がとても大切です。
( 5) 中塗
(なかぬり)
生漆で中塗をします。このときホコリがつかないように塗ります。
( 6) 型置
(かたおき)
型置用の漆をタンポ(型置の道具名)で、でこぼこ模様をつける。
( 7) 色漆塗り
(いろうるしぬり)
漆に顔料を混ぜて作った色漆を、色を変えて塗り重ねます。一塗り毎に乾かしては塗りの工程を12〜13回ほど行います。
( 8) 研出
(とぎだし)
色漆がしっかり乾いてから、水ペーパーと砥石で研ぐ。木の年輪に似た美しい模様が出てきます。
( 9) 胴擦
(どうさつ)
木炭の粉または砥粉(とのこ)に油を混合したもので更に磨く。
(10) 摺漆
(すりうるし)
生漆を綿につけて塗り、漆が乾かないうちに和紙でふき取る。
(11) 磨き 砥粉、鹿の角などの粉と菜種油を混合して綿につけ、磨き上げ仕上げる。
(12) 仕上がり 他にも、塗り分けろいろ塗や木曽春慶(きそしゅんけい)などの技法があります。
漆とは…
木曽漆器とは…
木曽漆器が作られるまで…
漆器の技法…
漆器の手入れ…
< BACK   NEXT >

会社情報個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示リンク集お問合せ