家具・漆器、ギフト、木曽の工芸品

 
 
法人・企業のお客様 個人のお客様 中国工場について うるしを知ろう! 龍門堂最新情報
木曽漆器の始まりは今から約600年前、現在の木曽町の竜源寺にある漆塗りの経箱(お経をいれて保管しておく箱)に、応永元年の年号と製作者の名前が記されておりますので、この頃には木曽で漆塗りが行われておりました。1655年〜1652年頃には塩尻市木曽平沢地区に漆器屋があったと伝えられています。江戸時代には領主の山村甚兵衛のもとで、漆器の木地として重要な木曽檜の使用が許されていました。往時は江戸、京都、大阪を旅する人たちに土産品として人気が高く木曽の漆工芸品は日本国中に広まって行きました。明治時代の初期には、より良い漆器製品を作るため多くの職人達が、石川県の輪島漆器のもとへ勉強や修行に出かけました。この頃から木曽漆器産業は急激発展を遂げました。また漆器制作の下地作りには欠かせない「錆土」が地元で発見されたことにより、堅牢な漆器を制作できるようになりました。自然豊かな木曽の資源とこの地域独特の気候風土にも恵まれて、木曽漆器は日本でも有名な漆器の産地となりました。

錆土とは、一般的には鉄分を多量に含んだ粘土のことです。「地の粉」と言われています。錆土と漆を混ぜて下地塗り用の漆を作ります。)

漆とは…
木曽漆器とは…
木曽漆器が作られるまで…
漆器の技法…
漆器の手入れ…
< BACK   NEXT >

会社情報個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示リンク集お問合せ