家具・漆器、ギフト、木曽の工芸品

 
 
法人・企業のお客様 個人のお客様 中国工場について うるしを知ろう! 龍門堂最新情報
漆とは、漆科植物から採った樹液(木から採れた汁のこと)です。塗料または、接着剤となる物資で、東洋独特の植物です。塗料として世界で最初に使用したのは、中国で4千年も前になると言われています。日本では、縄文時代の土器から漆を使用したものが、沢山発見されています。今、日本で使用する漆の量は、年間およそ500tです。その95%以上を中国から輸入しています。国産漆(日本で採れた漆)は、量が少ないですが、品質はとても良い漆です。主な産地は、青森・岩手・秋田・石川・長野・岐阜・福井・新潟・千葉・茨城県などです。漆の木を育てるのは、とてもむずかしく、その土地に合ったものしか育ちません。たとえば、あたたかな国の漆を日本で育てようとしたり、逆に日本の漆をあたたかな国で育てようとしても無理で、きちんと育ちません。漆の良い点を、塗料として酸性・アルカリ性に強く、また高温・低温などにも強い物です。電気も通しにくく、紫外線・赤外線に対する抵抗力も、他の人工塗料よりもすぐれています。接着剤としても、たいへんすぐれた塗料は、見つかっていないようです。
 
(1)漆の木から採取する部分を決め、カワハギと言う道具を使って表面の皮を削りとります。 (2)皮を削りとった部分にカキガマを使って8本〜10本ほど平行に溝を付けます。溝の間隔は約1cm程です。 (3)カキガマに付いている小刀で溝の中心を深く突き切ります。しばらくすると突き切られた部分から漆の液が出てきます。 (4)染み出てきた漆の液をカキヘラで掻きとり、容器に集めます。
   
(5)ゴミや不純物を取除きます。遠心分離機を使って行う時は、漆の中に綿を混ぜて取除きます。昔ながらの手作業では和紙などを使って漉します。 (6)漉した漆の中の余分な水分を電熱器を使って取除きます。昔ながらの手作業で行う時は、晴れた日がよく適当な温度が必要となり、半日から一日かかります。この水分を取除く作業を「くろめ作業」といいます。    
漆とは…
木曽漆器とは…
木曽漆器が作られるまで…
漆器の技法…
漆器の手入れ…
NEXT >

会社情報個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示リンク集お問合せ